特定非営利活動法人たねっと公式Webサイト
特定非営利活動法人たねっと公式Webサイト

現在情報はありません。

千歳市社会福祉協議会の福祉用具の貸し出しについて


千歳市社会福祉協議会では福祉機器が必要になられる時に、無料・一部有料で貸し出しできる事業を実施されています。 介護保険等の公的給付、貸与の対象にならない方々や小中学校での「福祉体験学習」にも活用されています。
福祉機器の種類と貸出期間・料金表
品 名 貸出期間 集配料金 消毒・洗浄料
車椅子 7日以内   無 料
介護ベッド 3ヶ月以内 4,200円 8,400円
ポータブルトイレ 3ヶ月以内   2,100円~
歩行器 3ヶ月以内   無 料

※貸出の際には契約事項をご確認の上、申請書を提出して下さい。 また、申請される方の氏名・住所をご確認できるものと印鑑が必要です。
その他の福祉機器やお問い合わせについては、千歳市社会福祉協議会までご連絡下さい。
 TEL:0123-27-2525  FAX:0123-27-2528  e-mail:c-shakyo@city.chitose.hokkaido.jp
 URL: http://www.city.chitose.hokkaido.jp/shakyo/

相談支援専門員・サービス管理責任者等フォローアップ研修

日 時
2018年8月30日(石狩会場)、8月31日(後志会場)
会 場
8月30日 恵庭市民会館 2階大会議室、8月31日 岩内地方文化センター
内 容
対人援助に必要な面接技術の向上を目的に、講義やロールプレイを通した体験的な研修

特定非営利活動法人ノーマライゼーションサポートセンター こころりんく東川

副理事長 大友 愛美 氏

主 催
道央ブロック 広域相談支援体制整備事業受託事業所
障がい者相談支援センター夢民、しりべし圏域総合支援センター、地域生活支援センターあ~ち
参加申込
Mail:mumin@tanetto.jp  FAX:011-299-7240
ダウンロード

現在情報はありません。

現在情報はありません。

ページの先頭へ戻る

2018年 江別市自立支援協議会・社会福祉法人えべつ幸誠会 合同研修会

日 時
2018年10月25日(木)17:00~20:00
場 所
江別市大麻公民館「えぽあホール」(江別市大麻中町26-7)
対 象
市内外の福祉関係者、行政、教育関係者、サービス利用者など
内 容
【第1部】17:00~
江別市自立支援協議会の紹介、参加事業所の製品展示販売
【第2部】18:00~
特別講演会「全力疾走」
(元日本ハムファイターズの森本稀哲氏を特別講師に迎え、現役時代の苦労話・裏話を交え、社会人、専門職、プロとして全力で取り組む姿勢の大切さを学びながら、すべての人が不自由なく過ごすことができる「共生のまちづくり」の実現に向け、想いを共有し、相互理解を深める)
主 催
江別市自立支援協議会、社会福祉法人えべつ幸誠会
参加申込
郵送またはFAX・電子メールで、締切の9月28日(金)必着
〒067-8674 江別市高砂町6番地 江別市役所内 江別市自立支援協議会事務局 担当:赤田
FAX:011-381-1073  Mail:ryuya.akada@city.ebetsu.lg.jp
問合せ
同協議会事務局  TEL:011-381-1031
ダウンロード

就労支援「合同説明会2018」

日 時
2018年9月30日(日)11:00~15:00
会 場
えにあす 2階会議室(恵庭市緑町2丁目1-1)
対 象
就労に関心のある・障害のある方・ご家族、企業の方、教育分野に携わる方など
内 容
恵庭市内の就労系障がい福祉サービス提供事業所が集まり、各事業所の活動内容、障がい福祉サービスや就労支援について幅広く知ってもらう機会として開催
  ①事業所紹介(作業体験・製品、パネル展示)
  ②事業所相談(利用・見学・体験の相談)
  ③ミニ就労相談
  ④資料コーナー
主 催
恵庭市障がい者地域自立支援協議会しごと部会
参加申込
不要、会場には専任手話通訳者も配置
問合せ
恵庭市障がい者地域自立支援協議会しごと部会
事務局 恵庭市障がい者総合相談支援センター e-ふらっと
TEL:0123-33-8222  Mail:e-flat.syougai@bz03.plala.or.jp
ダウンロード

北海道・発達障がい理解促進啓発事業フォーラム「発達障がいのある子を支えるおとなたち」

日 時
2018年10月8日(月・祝)13:00~15:30
会 場
かでる2・7 大ホール(札幌市中央区北2条西7丁目)
定員
500名
参加費
無料
内 容
【基調講演】13:10~14:20
 「発達障がいのある子を支える取組(仮題)」
 京都少年鑑別所 法務技官・精神科医 定本ゆきこ氏
【対談】14:30~15:30
 「発達障がいのある子を支える環境と役割分担による連携(仮題)」
 京都少年鑑別所 法務技官・精神科医 定本ゆきこ氏
 元北海道警察函館方面本部長 小笠原和美氏
 (司会:北海道発達障害者支援センターあおいそら 片山智博氏)
主 催
北海道、発達障害者支援センターあおいそら、発達障害者支援道北地域センターきたのまち、発達障害者支援道東地域センターきら星
参加申込
参加申込書に記入の上、以下のいずれかの方法により受付
 FAX:011-232-4068
 郵送:〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 北海道保健福祉部 福祉局 障がい者保健福祉課 制度グループ宛
 Mail:hofuku.shohuku1@pref.hokkaido.lg.jp
※締切9月28日(金)
問合せ
北海道保健福祉部 福祉局 障がい者保健福祉課
TEL:011-23-4111 内線25-727
ダウンロード

「北海道で暮らそう!生涯活躍のまち」事業者と市町村セミナー

日 時
2018年9月26日(水)14:00~17:10(開場13:30)
会 場
かでる2・7 大会議室(札幌市中央区北2条西7丁目、道民活動センタービル)
対 象
民間事業者(社会福祉法人、株式会社、NPO等)、市町村等
参加費
無料
内 容
【基調講演】社会福祉法人 佛子園 常務理事 村岡裕氏
  テーマ「生涯活躍と地域共生~民間事業者と自治体が担うまちづくり~」
【プレゼンテーション】わがまちの「生涯活躍のまち」取組状況の紹介
  予定事例・・・社会福祉法人さつき会(鷹栖町):サービス付き高齢者向け住宅「ぬくもりの家 たかほ」の取組、
  当別町:当別町生涯活躍のまちづくり基本構想
【意見交換】参加者の民間事業者と市町村が小グループで意見交換
主 催
北海道
参加申込
一般社団法人北海道総合研究調査会(HIT)
FAX:011-222-4105  Mail:yokota@hit-north.or.jp
申込期限:9月19日(水)
問合せ
一般社団法人北海道総合研究調査会 TEL:011-222-3669
北海道総合政策部 地域創生局地域戦略課 TEL:011-204-5089
ダウンロード

平成30年度 教師と支援者、保護者のための特別公開講座

日 時
2018年9月29日(土)10:00~15:00(受付9:30)
会 場
北海道自治労会館 3階 中ホール
定 員
130名
参加費
区分A 札幌ポプラ会会員(個人・団体会員) 500円
区分B 自閉研・JDD会員 500円
区分C 学生 1,000円
区分D 教師、支援職 1,500円
区分E 札幌市手をつなぐ育成会会員 1,500円
区分F 上記(区分A~E)以外の方 2,000円
内 容
「今ふたたび自閉症スペクトラムを考える~それぞれのライフステージに応じた支援のあり方について~」
(講師:信州大学医学部子どものこころの発達医学教室教授・附属病院こどものこころ診療部長 本田秀夫 氏)
主 催
北海道自閉症協会札幌分会(札幌ポプラ会)、自閉症援助技術研究会
参加申込
FAX:020-4669-9661  Mail:koukai-kouza@poplar.main.jp
ダウンロード

リジリエンス思考と精神保健ソーシャルワーク(リジリエンス国際セミナー)

日 時
2018年10月27日(土)13:00~18:00
場 所
北星学園大学B館 B402教室 (札幌市厚別区大谷地西2-3-1)
参加費
1,000円(学生の方は無料)当日受付払い
主催・問合せ
resilience@hokusei.ac.jp
ダウンロード

平成30年度自閉症講座基礎コース

日 時
①2018年5月12日(土) ②6月16日(土) ③7月28日(土) ④8月18日(土) ⑤9月8日(土) ⑥10月6日(土)
⑦2019年1月26日(土)
時間は全日9:30~11:30
場 所
七重浜住民センターれいんぼー 1階 大ホール(北斗市七重浜2-32-25)
対 象
教師、保健師、福祉関係事業所職員、その他の職業支援者
定 員
先着30名
参加費
1,000円(資料代等)
主催・問合せ
発達障害者支援センターあおいそら TEL・FAX:0138-46-0851,0138-46-0857
ダウンロード

平成30年度自閉症講座お父さんお母さんコース

日 時
①2018年10月9日(火) ②10月23日(火) ③11月6日(火) ④11月20日(火) ⑤12月4日(火) ⑥12月4日(火) ⑦2019年1月29日(火)
時間は全日10:00~12:00
場 所
発達障害者支援センターあおいそら(函館市石川町90-7 秋山記念病院様向い)
対 象
お家で支援を始めよう!支援をしてみたいなとお考えのご家族の方(ご家族限定)
定 員
先着6名
参加費
5,000円
主催・問合せ
発達障害者支援センターあおいそら TEL・FAX:0138-46-0851,0138-46-0857
ダウンロード

こころの健康相談
管内の精神科の先生に来ていただいて保健師も同席し、幅広くこころの健康の悩みに関して相談を受けています。 予約していただいた時に相談内容を伺います。
相談ご希望の方は前日までに予約が必要です。 また、日程の変更がある場合があります。
<お問い合わせ先>
千歳保健所 TEL:0123-23-3175

ひきこもり家族交流会
ひきこもりの問題を抱えている方のご家族を対象に、家族の情報交換、体験交流会などの家族交流、また、ビデオ学習、本の読み合わせなどの勉強会、保健所からの講演会のお知らせなどを行っています。
参加される方は開催日の2日前までに千歳保健所まで電話で直接お申し込み下さい。
<お問い合わせ先>
千歳保健所 TEL:0123-23-3175

障がい者110番事業
北海道障害者社会参加推進センターは、札幌市を除く道内全域の障がい者とその家族を対象に、弁護士による無料法律相談「障がい者110番事業」(道の委託事業)を実施しています。申し込みは、まず「障がい者110番」(TEL011-252-1233)まで。月1回の定例相談のほか、必要に応じ、地域相談員等の相談窓口を紹介しています。法律に関する心配事(身体・生命、財産の侵害、相続関係、金融、消費、契約関係)、人権擁護(家族・親族のトラブル)など、お気軽にご相談ください。
<お問い合わせ先>
北海道障害者社会参加推進センター(一般社団法人北海道身体障害者福祉協会内)「障がい者110番」
TEL:011-252-1233 FAX・留守番電話受付(24時間対応):011-252-1235
なお、札幌市内の方は、札幌市社会福祉協議会の「障がい者あんしん相談」(TEL011-633-1313)などの窓口の利用をお願いします。

「北海道障がい者雇用最前線」DVD貸し出しのお知らせ

北海道保健福祉部福祉局障害者保健福祉課が作成しましたDVD(約28分:全1巻)を、当支援センターにて貸し出しを行います。 ◎貸し出し期間:原則10日間無料
障がい者雇用に向けての北海道での取り組みや障がい者雇用の事例等が収録されています。 各地域での雇用促進の取り組みの中で企業側等との障がい理解の共有に、また情報収集に、是非ご活用下さい。 ※ご希望の際は「障がい者相談支援センター夢民」までご連絡下さい。
なお、各1セットずつのため、ご希望の期間が重なった場合等貸し出しができない場合があります。 まずはご連絡下さい。

  • 内容 「北海道障がい者雇用最前線~その事例と支援~」
    • 1. トライアル雇用制度
    • 2. ジョブコーチ派遣
    • 3. 就業に伴う生活支援
    • 4. ジョブチャンスボード
    • 5. 就労継続支援事業A型
    • 6. 各機関との連携について    (”DVDで紹介する支援内容”より)

「平成18年度行動援護従事者養成中央セミナーDVD貸し出し」のお知らせ
行動援護従事者養成のセミナーが収録されたDVD(全7枚)を当支援センターにて貸し出しを行います。 ◎貸し出し期間:原則10日間無料
「行動援護」についての情報収集、知識の習得等にご活用下さい。 ※ご希望の際は「障がい者相談支援センター夢民」までご連絡下さい。
なお、各1セットずつのため、ご希望の期間が重なった場合等貸し出しができない場合があります。 まずはご連絡下さい。

  1. 行動援護従事者養成中央セミナー「人間科学の探究と行動援護」
      講師:川崎医療福祉大学学長  岡田 喜篤 氏
  2. 行動援護従事者養成中央セミナー「行動理解の基礎理論1」
      講師:東京学芸大学総合教育科学系特別支援科学講座助教授  小笠原 恵 氏
  3. 行動援護従事者養成中央セミナー「行動理解の基礎理論2」
      講師:東京学芸大学総合教育科学系特別支援科学講座助教授  小笠原 恵 氏
  4. 行動援護従事者養成中央セミナー 行動援護の技術「アセスメントと個別支援計画1」
      講師:全日本手をつなぐ育成会理事  戸枝 陽基 氏
  5. 行動援護従事者養成中央セミナー 行動援護の技術「アセスメントと個別支援計画2」
      講師:全日本手をつなぐ育成会理事  戸枝 陽基 氏
  6. 行動援護従事者養成中央セミナー 行動援護の技術「個別支援の展開と新技術の共有1」
      講師:サポートセンターぴっころ代表  安井 愛美 氏
  7. 行動援護従事者養成中央セミナー 行動援護の技術「個別支援の展開と新技術の共有2」
      講師:サポートセンターぴっころ代表  安井 愛美 氏